補高用インソールを使用している 施設紹介と現場の声

補高用インソールを使用している 施設紹介と現場の声

TAKT EIGHT 補高用インソール

荒川整形外科
リハビリテーションクリニック

施設紹介

症状の原因の治療を行います。症状を引き起こす姿勢や動作の習慣を分析し、柔軟性や筋力、バランス能力を向上させる治療を理学療法士がマンツーマンで行います。スポーツ障害にも対応しています。競技のパフォーマンスの向上を目指される方には自由診療でピラティスの指導も行っています。

現場の声

■インソールを使用する主な対象

ー機能性側弯症
 変形性関節症
(足関節・膝関節・股関節・腰椎)
 人工関節術後
(足関節・膝関節・股関節・腰椎)(股関節・膝関節)

※いずれにおいても主訴は痛みを訴える方50%、歩きの問題を訴える方で50%

■補正の効果

ー疼痛軽減
ー歩行改善
(足関節・膝関節・股関節・腰椎)(前方への重心移動・推進力の改善、歩行中の抗重力伸展活動の促通)

■クライアントの反応

ー9割*の方で"痛みが減った"、"歩きやすくなった"と効果を認める。

※"変化を感じない"という方が残りの1割

■実際の流れ

ー構造上の問題点であることを見極めてた上で、該当する方には早期の段階で補正を行う。
はじめは、お試しで補高用インソールを貸し出し、問題がなければ購入していただく。
(平均購入枚数:屋内外用に2~3枚)

■同職種の方に補高用インソールをおすすめしますか?

ーはい

■その理由をお聞かせください。

ー徒手療法や運動療法では対応しきれない構造上の脚長差も、補高用インソールを1つの治療手段として使用することで、良い効果が得られるため。

<補高用インソール提供施設>
 医療法人社団仲村医心会 荒川整形外科リハビリテーションクリニック
 〒116-0002 東京都荒川区荒川1-17-14
 HP:https://arakawa-seikei.com/

TAKT EIGHT 補高用インソール

TOPへ戻る